Home | 交通アクセス | お問い合わせ | サイトマップ
事務所・弁護士のご紹介 取扱分野のご紹介 業務スタイルのご説明 ご相談・ご依頼の流れ 弁護士費用について
 
お問い合わせ&よくあるご質問 Contact&FAQ
お問い合わせ
●お問い合せ・法律相談のお申し込みはお電話にてお願いします。

弁護士が打ち合わせ中、外出中などの場合は、
弁護士から折り返しご連絡差し上げます。

●ホームページに関するご意見・ご質問はこちらからご送信ください。

電子メールによる法律相談の申込又は案件の受任依頼には応じておりません。電子メールにより頂いたお問い合せにご回答を差し上げるまでに時間がかかることもありますので、あらかじめご了解ください。
| 電子メールにより頂いた情報の取扱方針はこちら  |
 
よくあるご質問をご覧いただけます。
Q&A
| よくあるご質問一覧に戻る  |
Q 22. 契約書は作らなければいけないのですか?
A . ご質問の「契約書」というのは、ある約束の内容が記載され、その約束の当事者の署名(または記名)押印がなされている書面という意味合いかと思われますので、そのような理解を前提にお答え致します。
契約書を作成する法的な義務は原則的にはありません。
しかし、当事者の一方が国や地方公共団体である場合には、契約を締結する(約束をする)に当たって、口頭契約が許されず契約書の作成が義務づけられている場合があるかと思います。また、民間同士の契約の場合でも、いずれか一方の当事者が営んでいる事業を規制している法令(いわゆる業法)によって契約書の作成が義務づけられている場合もあるはずです。また、契約書までは義務づけられていなくても、注文書、発注書などの交付とそれに対する注文請書などの交付が業法によって義務づけられているという場合もあるかもしれません。さらに、契約書の作成義務はない場合でも、契約を締結する際に契約書を作成しないと、その契約が一部分について無効になったり、一方的に取消可能となったりするなど、効力が弱まる場合もあります。したがって、契約を締結する場合には、事前に、交渉相手に質問したり、弁護士に相談するなどして、慎重に対応するようお勧めします。
なお、契約書の作成義務がない場合であっても、事業者間の契約(約束)や事業者対消費者の契約については、契約書を作成する方が望ましいことが多いでしょう。メリットとして、一般的には、@契約としての成否、契約の成立時期および契約の内容が口約束の場合より明確になり、契約した当事者同士での誤解や行き違いによるトラブルを減らすのに役立つこと、A年月の経過または契約締結当時の関係者の死亡、異動、退職などに伴う忘却または曖昧化に起因するトラブルを減らすのに役立つこと、B契約の成立時期や内容を第三者(税務署、監査法人、裁判所など)に説明・立証する必要が生じた場合でもそれが容易であること、が考えられます。個人同士がお互いに事業活動と無関係な約束をする場合でも、上記のようなメリットを享受したいのであれば、契約書を作成しておくのが無難です。
 
ご相談・ご依頼の流れ
法律相談申込から
業務終了まで
契約書案などの作成を
受任する場合
訴訟手続(第1審)での
代理を受任する場合
自己破産・免責申立の
代理を受任する場合
離婚紛争で代理を
受任する場合

弁護士費用の概要
ご負担頂く費用について
参考例について
顧問契約について
司法業界用語集
お問い合せ&FAQ
 
HOME
秘密情報の取扱方針・ご意見・ご質問の電子メールにより取得した情報の取扱方針
このサイトに掲載されているコンテンツの著作権などの権利は、当事務所の弁護士又は掲載を許諾して下さった権利者に帰属しています。
北青山法律事務所
北青山法律事務所